RSS | ATOM | SEARCH
10月コラム

10月コラム 始めに

 

 ミャンマー政府は国連機関より2010年からの5年間で国内の森林面積が、5%も減少したのは、自然保全政策が不十分であると勧告を受け、国連からの支援が得られなくなると大変と、急慮、木材の伐採量を大幅に削減しました。チーク原木の年間計画伐採量も21万トンから6万トンに削減し、更に、今年10月から来年3月迄は一切、伐採を禁止すると発表しました。

当然、チーク材の確保は競争になります。弊社の契約企業は多くの原木を確保していますので、当面の供給は問題ないと考えていますが、原材料の高騰は避けられないと思っています。先行き不安ですネ。

 

 例年、夏休み時期は、文教施設や公共施設の改修工事等で内装床工事業界は繁忙を極めていたのですが、今年は例年の65%程度の工事量に減少し、業者間で工事の取り合いが生じた状況です。

業界では9月から年末の工事量も少なく、先行きが懸念されています。

2020年を見据えて、商業施設リニューアル工事が多数計画されましたが、外国人観光客の購買額の減少などで業績予想を下方修正する企業も有り、リニューアル工事を凍結される等、工事量が増えません。

 

 お蔭さまで、弊社は高級マンションやホテルのリニューアル工事と大型戸建住宅を受注し、何とか、年内の遣り繰りは出来る見通しです。今後はお引き合いを頂いている公共工事を複数件、受注出来ればと期待しています。

 

9月の主要工事

 

 1)Hyatt Regency Guamリニューアル工事

  *Guam6軒の高級ホテルを所有する企業が築20年を

   経た内装をリニューアル改修。

   テストケースとしてHyatt Regency のレストランの床改修。

   弊社は床材400屬猟鷆,肇后璽僉璽丱ぅ供爾鯒標。

   T15×W90×L909OPCSSG塗装 400

 

 2)三鷹市戸建住宅新築工事(一期工事)

  *特選床暖房適合フローリング・SSG塗装 

   T15×W90×L909OPC 150峪楾

 

 3)下田東急ホテル リニューアル工事 決定 

  *施工時期は平成291月末

  *フロント・ロビーのフローリング工事

   ヘリンボーン貼り、約200

 

ミャンマー情報

 

 1) JICAが地方空港の改修工事を支援

   地方空港は滑走路が短く、エアバスの離発着が出来ない

   ケースが多い為、JICAがサポートして2018年完了の

   予定で改修工事を行います。

 

 

 2) 自家用車所有規則で新車購入権制度の導入検討

   ヤンゴン市内の交通混雑が深刻な事から、ヤンゴン管区

   運輸庁(YRTA)はシンガポールと同様の新車購入権

  (COE)制度の導入を検討している事を明らかにしました。

   シンガポールの場合、COE価格は小型車で約400万円です。

 

 3) ミャンマー政府はJICAの支援でまとめた電力基本計画では

   10年後には水力発電の割合を63%から38%にし、石炭火力

   を3%から33%に拡大する方針でしたが、環境汚染の懸念

   から、2030年で水力発電の割合を5055%とするよう

   変更しました。

 

 4) 地雷生産と敷設

   副国防相は国会審議で国軍は未だ地雷を生産している事を

   明らかにしました。少数民族と紛争地域で兵士を配備出来

   ない、橋・工場・送電線等を守る為地雷を敷設していると

   話しました。

 

 5) 木材伐採について

   来年度、伐採可能なチーク原木は1万9千本、その他の

   硬木は53万本、チーク材の生産量は最大15千トン・

   その他の硬木は35万トン以下にすると発表しました。

   但し、チーク原木の乱伐が行われたバゴー・ヨマ山系では

   10年間一切伐採せず植林計画を進めます。

 

 6) サイの角の密輸

   国際自然保護連合(IUCN)はインドから中国に密輸される

 サイの角は、ネパール当局の取締りが強化された為、

 ミャンマーザガイン管区カチン州・シャン州等を経由する

 ミャンマールートに変更されていると、取締りの強化を求め

 ました。

 中国では漢方薬や贅沢品として高額で取引されています。

 

 7) ヤンゴン市内のホテル事情

   ホテルの稼働率は54%、一時期は、250us$/泊もした料金が

   120150us$/泊に下がっています。

   マンダレーの稼働率は51%になっています。

 

 8) 米国が制裁解除

 オバマ大統領は914日スーチー氏との会談に於いて,

 ミャンマーに課していた制裁を解除し、一般特恵制度(GSP

 の再適用を近日施行すると発表しました。

 米国企業のミヤンマーへの投資、貿易を奨励する為である

 とも語っています。

 ミャンマー国内では米ドルが値上がりし、9月初旬に

 1us$=950~970チャットの相場が、9月末には、1,250

 チャットとなっています。

 

  以上

author:代表取締役 臼井成美, category:-, 14:16
-, -