RSS | ATOM | SEARCH
12月コラム

【 12月コラム 始めに 】

 

  数年前から労働賃金が安いミャンマーに、縫製業やプラスチック加工業等の労働集約型企業が、中国やタイから移転し、ミャンマー経済の活況を担っています。

その為、土地や建築資材の需要が増え、森林の開拓・開発や木材の伐採が数多く行われています。

国連機関はミャンマーの森林面積が2010年から2015年の5年間に5%減少した事を重く受け止め、ミャンマー政府に「資源と環境保全に努めるよう」厳しく勧告をしました。

ミャンマー政府は今後の近代化には国連機関の支援が絶対に必要と考え、早速、資源保全政策を実施し、そのひとつがチーク材の年間計画伐採数量の削減です。

今迄、年間21t伐採していたのを2016年度から年間の伐採量を6万トンに削減しました。72%減です。

 又、201610月から20173月迄の6ヵ月間はチーク原木の伐採は

一切禁止になりました。

 以上の事により、今後、チーク原材料がひっ迫する事は明白です。

少しでも有効に活用する方法を模索しなくてはなりません。複層フローリングメーカーとタイアップしてチーク原板、端材を活用する方法を検討したいと考えています。

 

 弊社はミャンマー環境保全林業省関連企業と契約の元、チーク材やピンカドデッキ材等のミャンマー特産木材を現地工場で製品化し、直輸入・販売・施工を行っています。以前から、スラブに直貼りして、LL45の遮音性能を確保出来る、遮音無垢フローリングを開発(実用新案)してご提供申し上げ、リフォーム工事業者様にはお喜び頂き、多数ご愛顧頂いております。

この度、下記の新製品を発表しました。

当製品は幅120个瞭蛋材です。高級マンションやホテルのリニューアル工事に採用頂きたいと考えています。

 

 

【 新 製 品 】 : 特選・防音フローリング

 高級マンションのリフォーム工事用に、特選・防音フローリングを開発致しましたのでご紹介申し上げます。平成67年以降に建築された、高級マンションの多くは乾式二重床工法により、規定の遮音は確保されています。これ等のマンションが20余年を経過し、リフォームの時期になっています。新築当時はリビング・ダイニング・ベッドルームの床はカーペットが主流でしたが、衛生面(埃の吸着、ダニの温床)や床暖房の普及により、このリフォームの機会に、無垢フローリングに変更を希望される方が増えています。

 二重床で一定の遮音は確保されていても、カーペットから、無垢フローリングに替えますと無垢材独特の歩行音・響きが生じ、以前と違う生活音により、階下への影響が懸念されます。この懸念を払拭し、安心してお住い頂ける、防音フローリングを開発致しました。ミャンマーチークの樹齢130年以上の成熟原板を加工した、高級感漂う120个良広材フローリングの裏面に中硬質の防音ウレタンフォーム3mmを装着した、足に優しい歩行感と歩行音を抑える優れた防音効果が得られる製品です。

マンションやホテルのリニューアル工事・リフォーム工事を、お考えの際は、是非、当製品をご検討頂きますようお願い申し上げます。

 

 

 

 

【 GUAM出張報告 】 営業部長 松田 竜司

 

  下記の工事に弊社製品「ミャンマーチーク無垢フローリング」をご採用頂いたが現地業者が敷設するとの事であった(材工責任施工を提案したが就労ビザの関係で実現せず)。

  良い製品を提供しても施工技術が伴わなければ、良い床に仕上げる事は出来ないと考え、施工時にSuper Visorとして対応する事になった。

  以下、レポートです。

 

                           《 

 

出張期間   平成28111日〜1110日 10日間

 

出張案件   Hyatt Regency Hotel Guamのリニューアル工事の内、

            レストランの床工事

 

   P.H.R.Ken Micronesia Inc.

 

契約内容 : ミャンマーチーク無垢フローリング

      T15×W90×L909OPC・ガラス繊維含浸塗装

 

   *上記製品を370崘蕊覆垢觀戚鵝敷設工事は現地業者が担当

 

工事内容: 既設のカーペットを撤去し、上記の無垢フローリングを

           敷設する。

           スラブの平滑性が悪い為、スラブに合板を下地材として

      敷設し、その上に接着剤と釘を併用し、堅固に施工を

           する。

 

  :   Guam在住30余年の韓国人(米国籍)オーナーに率い

           られた、韓国・フィリピン・ミクロネシアの多国籍チーム、

           彼等は3年間の就労ビザを取って出稼ぎに来ている。

           内装・床工事の専門工ではなく、解体工事も仕上げ工事

           にも従事するオールラウンダーであると言われている。

           しかし、無垢フローリングについての基本的な知識は無く、

           雨に濡れ、含水率が30%以上も有る合板を下地材として

           施工しようとしていた。

           無垢材は温度湿度により幅や長さが伸縮する事を説明し、

           フローリングを精度良く施工するには、スラブも下地材も

           含水率を12%以下に保たなければならない事等を説明した

      が、理解したか?は疑問である。

           含水率30%以上も有る合板に含水率8%で製造してある

           フローリングを敷設すれば、突き上げ・暴れが生じる事は

           避けられなかったと思われる。

      これを防いだだけでも、来た甲斐はあったと思った。

      その後のフローリング敷設作業について、フローリング材

           の色調のバランス・スペーサーの挿入・接着剤の付け方・

      フローリングネールの打ち方等、丁寧に説明し、納得させ

           ながら作業を進めたが、フローリングの特質や施工要領を

           積極的に理解する姿勢は感じられなかった。

 

余  談 作業員は自家用車を持ち、郊外の賃貸住宅を借りて生活

           している。

      賃金はマネージャークラスで週給500600us$、作業員は

           その半分程度のようだ。

           家賃は平均 4500us$/月、これに電気水道代 150200

                us/月、ガソリン代 100us$/月と食事代を合わせると

           1,000us$/月以上になり、本国の家族に仕送りをする事は

           中々厳しい様に思える。

 

将来提案: 作業員のスキルアップは直ぐには望めないが、作業工具や

           接着剤・釘等を改善すれば効率UPと施工精度の改善が図れ

           ると考える。  

      (1) 日本の床職人が使用しているような丸鋸(台鋸)を

                 用意する。

           (2) 日本製の接着剤とフローリングネールをフローリン

                 グと共に送る。


      

 

【 11月の主要工事 】

 

  1) 都内戸建新築工事

    品番10- T15×W90×L1,820

      UNI・ガラス繊維混入塗料塗装

 

 2)  名古屋戸建新築工事

    品番10- T15×W90×L1,820

              UNI・ウレタンクリア塗装

 

  3)  静岡市内戸建改修工事

     特注材   T10×W762J)×L909

               2J集成・ウレタンクリア塗装

 

【 ミャンマー情報 】

 

  1. 木材の伐採を再開

       政府は来年度(20174月)から木材の伐採を再開すると発表

       しました。

             MTE(ミャンマー木材公社)はチーク原木19,000本とその他の

       硬木53万本を切り出し、自然保全の為、道路までは象で運ぶと

       発表しました。

 

  2.   アウン・サン・スーチー国家顧問が11月公式賓客として来日

      安倍首長は会談の席でインフラ整備とエネルギー供給システム

      整備を主体に8,000億円の支援を行いミャンマーの発展と和平

      達成に貢献すると表明しました。

      スーチー氏は114日に天皇、皇后両陛下と会談し、日本政府

      の支援と協力に対し礼を述べられた。

 

  3. 通年のGDP

       国際通貨基金(IMF)はミャンマーは急速な発展を続けてい

       るが、高インフレ(今年度は9%の予想)財政赤字の拡大・

       経常赤字の拡大があり、マクロ面で不均衡であるが通年の

       国内総生産(GDP)増加率は6.5%が予想されると発表しま

       した。

 

  4.   ヤンゴンのオフィス需要は堅調

      ヤンゴン市内のオフィス市場は、供給が急増したものの、企業の

      業務拡張やオフィス代行施設からの移転等で需要は堅調です。

           7月〜9月のオフィス稼働率は68%です。

author:代表取締役 臼井成美, category:-, 16:00
-, -