RSS | ATOM | SEARCH
8月コラム

 

【 8月のコラム 】

 南米原産の有毒アリ(ヒアリ)が尼崎のコンテナから発見されて以後、大井・横浜・名古屋・博多のコンテナヤードから次々に発見されています。

 弊社は製品をヤンゴン工場でコンテナに積込み、名古屋港に着け、津島市にある倉庫に搬入保管しています。製品は3ヵ月毎に輸入しておりますので、万一を考え、急遽、ヤンゴン工場で製品をコンテナに積み込む前に点検し、殺虫剤を噴霧・消毒をするよう指示致しました。

次船入港は9月末です。

 

*写真はコンテナに積み込む前の荷姿

 

*写真はコンテナに積み込む作業

  

 

   都市開発事業(商業ビル新築工事)の床工事の引

  合いを頂いております。

 OAK(楢材)の複合三層フローリングとチーク・ウォールナットの無垢フローリングを施工する計画です。

 OAK三層フローリングは『高級マンションAzabu Manor』Value-Up工事に於いて採用頂き、責任施工をした150/190 幅の製品をお奨めしました。チークとウォールナットの無垢材は90 幅のUNI製品をリコメンド致しました。

 

 今後は表面材に3〜4 の挽き板材を用いた、幅広の複層材の需要が増えると考えられますのでチーク材・ウォールナット材の三層複合フローリングをヤンゴン工場に製作指示を出しました。9月入港船にサンプル材を積んで来ます。

 

【 7月の主要工事 】

 

  1)都内  高級賃貸マンションリニューアル工事

      OAK無垢フローリング・ウレタン塗装

      特注 T8×W90×L909弌UNI

   

 2)山梨  戸建住宅新築工事

      無垢 非床暖/床暖房適合フローリング

                         ・ウレタン塗装

      品番1 / 10 T15×W90×909弌OPC

 

 3)広島  戸建住宅新築工事

      壁材に使用 非床暖材・無塗装

      品番1 T15×W90×L909弌OPC

 

 4)埼玉  市民プラザ

      ステージ階段補修工事

      デッキ材 T15×W90×L1,820弌OPC

      継ぎ目なしの特選デッキ材を加工

            ・塗装して使用

 

【 ミャンマー情報 】

 

   (広告付きの郵便ポスト)

      国営ミャンマー郵便は広告付きの郵便ポストを

       ヤンゴン・ネピドー・マンダレーに計250

       設置します。

       設置費用60万円/基 を5年間の広告収入で賄お

       うとする計画です。日本が支援したP/Jです。

    富士ゼロックスが広告主第1号です。

    既に100基設置されました。

 

(ミャンマーのウナギ)

       現在、ミャンマー産ウナギは全て天然もので

      す。3年前にヤンゴンの鰻屋でうな重を食べ

      ました。

    肉厚の美味しいウナギで、1万チャット(≒千円)

    でした。一昨年再び出向きましたが店は無く

    なっていました。

  ミャンマーウナギ業協会は日本・中国の養殖

   技術を導入し、養鰻場を開場する計画です。

   2〜3年先にはミャンマー産ウナギがスーパーに

   並ぶのでしょうか?

 

(即席麺工場−エースコック)

   エースコックはティラワ経済特区に即席麺の

   工場を完成させました。

    今まではベトナム工場から輸入して販売して

  いましたが、伝統的な麺食文化のあるミャン

  マーに日本人の技術と品質管理体制の下、

  ミャンマーの人々に好まれる商品を生産し、

  他国・他社製品に勝る商品を供給したいと

  述べています。

 

(一次産品課税強化)

  ミャンマー国会は改定特別商品税法を承認し

  ました。

    紙巻たばこ、酒類の他、一次産品(チーク、

    硬木、丸太、製材、翡翠、ルビー、ガソリン、

    軽油、灯油)は課税される事になります。

    弊社製品は完成品ですので課税対象外です。

 

   (東京五輪でのホストタウン)

  2020年の東京オリンピック・パラリンピック

   での、ミャンマーのホストタウンが埼玉県の

   鶴ヶ島市に決定しました。

  鶴ヶ島市は『今泉記念ビルマ奨学会』による

   ミャンマー人留学生の支援や市民から持ち寄

   られた文房具を寄贈する等市民レベルの支援

  活動が行われ、ミャンマーとの交流が深まっ

   ていました。

 

 ※『今泉記念ビルマ奨学会』

   1989年に実業家今泉清詞氏が中心になっ

   て、第二次世界大戦中にビルマに従軍

   した退役軍人の人達やロータリークラブ

   の人達の協力を得て、ミャンマーの発展

   の人材育成になればと、日本に留学する

   ミャンマー人学生を支援するために設立

   された奨学会です。

  協力している退役軍人の人達は、皆さん

  90以上ですが、過酷な戦場から生きて

  帰れたのは、自分たちも食べる物に

  不自由する中、我々に食べ物を分け与え、

  英軍の目を盗んで怪我人を介護してくれ

  たビルマの人達のおかげ、そしてその

  ビルマの人達の恩情に対するいくらか

  の恩返しと異口同音に話されています。

 

以上

author:代表取締役 臼井成美, category:-, 15:03
-, -