RSS | ATOM | SEARCH
11月コラム

【11月のコラム】
  人手不足解消の手段として、外国人労働者の受け入れ拡大を図るため、出入国管理法・難民認定法の改正を巡り、議論が盛んになっています。

   フローリング協会に於いても、外国人労働者の雇用を検討している企業が散見されます。中小企業が外国人労働者を雇用した場合、雇用者が納得する対応が出来るか? 極めて疑問です。

  又、コスト的にもメリットが有るのか? についてもよく検討すべきだと思います。

   私は現役時代、1990年から7年間、ミャンマー人の技能研修生を7〜10人/年 受け入れていました。当時の首都であったヤンゴンに於いて、ODA案件の国際空港拡張工事を入手し、着工したのですが、政府が学生の民主化運動を武力弾圧したため、日本政府は経済制裁をすることになり、政府の援助であったこの工事は、着工2年後に中断する事になりました。せっかく社員補助として雇用し、2年間教育した優秀な現地雇員を解雇するより、中断期間を利用し、日本で技能研修を受けさせ、将来的に活用できる人材を育成しようと、当時の労働省の助成金を活用し、受け入れ企業の協力を仰ぎ、一年間の技能研修を実施しました。3〜4人のグループに分け、協力企業に受け入れて頂き、その企業の業務に従事させ、日本企業の在り方や日本文化等を習得させました。毎週、半日は私共が出向き、受け入れ企業と研修生双方のメンテナンスを行い、トラブルなく研修が実行できるように努めました。

 彼等への手当ては助成金をそのまま支給し、宿舎は空いている寮等を無償で活用させてもらい、食事費等日常経費はその支給した手当(≒10万円/月)で賄わせました。

受け入れ企業も元気で活動的な若者を有効に活用してくれましたので、相互プラスになりましたので長続きしたと思っています。

 

  現在は、ビジネスとして技能研修生を斡旋する業者が、日本・派遣国共に多数存在します。

ミャンマーの場合、日本に技能研修生として出国するには経費として≒us$3,000が必要ですが、斡旋業者に委託するとus$5,000〜7,000請求されるようです。

来日した研修生には定められた最低賃金に基づいて給与を支払わなくてはなりません。

平成29年度の神奈川県の場合、最低賃金は≒900円/hです。保険等を加算した総支払額は≒16万円(研修生の手取り10万円程度)になります。

 

   自社で現地政府機関から研修生を受け入れ、宿舎も保有しており、受け入れた技能研修者に定期的な研修やメンテナンスが出来る人材が居れば、研修生への出費は上記の通りですので、人的にもコスト的にも受け入れ企業に寄与すると思います。

   中小企業ではこのような業務を自社で実施するのは難しく、斡旋業者に委託する事になります。

多額の受け入れ斡旋経費を取られ、毎月研修やメンテナンス費用等を請求され、毎月の総出費額は研修生に支払う倍近く(35〜40万円/月)にもなっているようです。

   フローリング協会加入の各社は内装仕上げ業の企業が多く、技能研修の対象企業ですので、外国人の受け入れは可能ですが、人手不足解消のためと安易に受け入れますと、予想以上に費用も手間も掛かり、こんな筈ではなかったと挫折する事になりかねます。慎重な対応が必要ではと思っています。

ご参考になれば幸甚です。

 

【10月分の主要工事 】

  1)都 内   戸建住宅 改修工事

               特選フローリング納品・無塗装

                                  T15×W90×L909弌     54

 

    2)都 内  戸建住宅 改修工事

                        LL45遮音フローリング・クリスタルインテリア塗装

                           T15(10+5)×W76×L909mm  45

 

    3)神 戸  マンション改修工事

                        LL45遮音フローリング・ウレタン塗装

                          T15(10+5)×W76×L909mm   52

 

    4)逗 子  マンション改修工事

                       LL45遮音フローリング・オイル塗装

                        T15(10+5)×W76×L909mm    47

 

   5)都 内  白金新精舎新築工事

          特選フローリング、クリスタルインテリア塗装

                                 T15×W90×L909弌        250

                       特選直貼りフローリング・クリスタルインテリア塗装

                                                      43

        

【ミャンマー情報

 

 (建設業の成長見通し)

    フィッチ・ソリューソンズは今年の見通しを16.5%から13.3%に

      下方修正しました。

    ラカイン州の危機が影響している事が要因とみています。

 

 (マンダレー港の整備)

   ミャンマー北部の経済の中心地マンダレー港の接岸施設

      建設、荷役施設の機械化、ターミナル建設等に無償資金供与、

     JICAが0月3日に締結しました。
 

  (中国の格安航空乗り入れ)
      中国,九元航空会社が広州−マンダレー線に就航しま した。
      マンダレーは翡翠、琥珀の集散地で中国からの入国者 が

      多い為、既に、4社が乗り入れています。

 

  (チャット安とガソリン価格)

     チャットと米ドル相場は1us$=1,585チャットになっており、

      ガソリンが6ヵ月前より30%値上がり しているようです。

 

  (ストの労働者を暴行)

       ヤンゴン管区ダゴン工業団地の中国企業の縫製工場で

       作業環境の 改善を求め300人ほどがストに入ったが暴漢

       が鉄パイプなどで労働者を襲い多数の負傷者が 出ました。

       企業が雇って襲わせたとの事。

 

  (ティラワ新工場で新型スイフト生産−スズキ自動車)

     10月15日、ティラワ新工場で生産した新型スイフトを売り

       出しました。

      セミノックダウン方式で4ドアセダンと7人乗りミニバンの

      生産を行っています。

      新型スイフトGL=1,990万チャット≒138万円、

      GLX=2,290万チャット≒142万円です。


 (新日鉄興和不動産がヤンゴン市内に 

                                   サービスアパートメント開発)

    現地法人NSKREレジデンスを設立し、10月6日にヤンゴン

     市内に於けるサービスアパート開発建設に関する・運営・

     返還(BOT)契約を締結しました。

     単身赴任の日系企業駐在員向け。

     設計会社、デザイナー、施工業者等に日系企業を活用し、

     日本人が 安心して暮らせる質の高いサービスが提供できる

     住居を232戸開発する計画です。

 

  以上

author:代表取締役 臼井成美, category:-, 10:57
-, -