RSS | ATOM | SEARCH
10月コラム

【 10月コラム 】

  

 旧暦で10月は神無月です。

「神無月」の無を“の”と解して「神の月」とする説もあります。
 神々が集う大切な月と言う意味です。因みに、6月は水無月ですが、水が無いのではなく、「水の月」と言う意味があるそうです。


 関西電力の幹部が、原子力発電所の立地する町の助役から3億1,850万円もの金品を贈与されていた問題が話題になっています。

地元の有力者である助役からの申し出は断れなかったと関電は言訳をしています。
 新規事業を行う際はフィクサーの存在を無視する事は出来ません。フィクサーに上手く取り入って、こちらの都合の良いように関係者をコントロールして貰うように、お願いする事が一般的です。

 今回は地元の助役から、事業者側が贈与されていたのは何故であったのか? 贈与の目的が知りたいと思っています。

神無月です。正直に述べて欲しいと思います。

 

 ラクビー・ワールドカップで日本が大活躍です。今迄ラクビ―には興味も無く何も知らなかった、家人も今では一門の解説者気取りです。

 ラクビ―で最も重要なポジションはスクラムを組み、相手と直にぶつかり合う最前列のフォワード3人です。過酷な役割を担っていますが、何時も下を向いており顔がテレビに映る事等少ない人々です。
 日本の勝因は体格も体重も上回る相手をスクラムでグイグイ押し込み反則を奪う、フォワードの活躍だと言われています。何も知らなかった人々を感動させるのは、縁の下の力持ちの活躍でしょうか?

 

【 9月分の主要工事 】

 

 1)広島県 因島別荘新築工事

    チーク無垢フローリング 材のみ納品  400

    T15×W90×L1820mm

    UNI・ウレタンクリア塗装

 

 2)米国 グアム、ハイアットリージェンシー改修工事

    チーク無垢フローリング・材のみ納品   76

    T15×W90×L909mm

    特選ソリッド・クリスタルインテリア(ガラスコート)塗装

   

 3)東京都 馬事公苑改修工事の内

    Main Office 階段工事            30段と30

    踏み面・段鼻施工と仕上げフローリング施工

    T15×W90×L1,820mm

    UNI・クリスタルインテリア塗装

 

【 ミャンマー情報 】

 

  1)ヤンゴン⇔マンダレー鉄道整備事業

    第1期工事であるヤンゴン⇔タングー間の改修工事が

    10月1日に着手されます。

    JICAがコンサルティングを行い、円借款で実施され

        ます。

 

  2)マザーハウスがルビーでジュエリーを生産

  開発途上国の産物から世界に通用するブランドを作る

  理念を掲げるマザーハウスがミャンマーの天然無処理

  ルビーを用いたネックレスやピアスを作成し販売を

  開始しました。

 

   3)金利負担が重い中国債務

  世界各国が経済制裁を科していた2000年〜2005年頃、

  中国から融資を受けた債務が16億米ドル超に達し、

    高金利が大きな負担になっているとミャンマー透明

    性・説明任同盟(MATA)が調査報告を発表しまし

    た。中国の貸付金利は年4.5%です。

 

  4)低温庫完備の多機能物流施設

  フクダ・アンド・パートナーズ(F&P)は9月12日に

  ヤンゴン管区タケタに物流施設をオープンしました。

  低温庫を含む3つの温度帯(零下25度、5℃、常温)の

  倉庫、オフィススペース、教育研修センター、レンタ

    ル会議場等で構成する、延べ床面積10,000屬離咼

    です。

 

  5)翡翠・宝石展示即売会

  9月15日〜25日の10日間、ネピドーで開催され、

  翡翠の原石の売り上げが5億653万ユーロと宝石類

  37万ユーロ、計5億690万ユーロ(≒739億7000万円)と

  なった。

 

  6)GDPを954億ドルと予想

   ミャンマー国会は10月から始まる来年度予算を承認

  しました。予算規模は32兆チャットです。

   2018年度の輸入は175億米ドル・輸出は155億米ドル

     で貿易収支は20億米ドルの赤字でした。

 

  7) 急成長する縫製業と輸出額

  米中貿易戦争の影響で中国からミャンマーへの製造

    拠点移管が盛んになっています。

  特に最近は従業員3,000人規模の大型工場が毎月3つの

  ペースで建設されています。

  ミャンマー衣料企業家協会は2015年度の輸出額は8億

  米ドルであったが、18年度には437億米ドルになって

  います。19年度は460億米ドルになると推測されて

    います。

 

  8) 鉄鋼の増産

  ミャンマーの鉄鋼産業は国内需要の90%を輸入に頼っ

    ています。

  中国から技術を導入して国内生産を増やす計画の下、

    鉄鉱石を輸入陸揚げする湾岸地域に製鉄所を建設する

    と発表しました。

 

  9) ヤンゴン中央駅開発事業

     中国の神州(シノ)長城連合体が事業母体に事業を

        推進する事が発表されていましたが中国企業の経営上

        の問題が発覚した為、住友商事が事業主体社として

        参画する事が決定しました。

 

  以上

author:代表取締役 臼井成美, category:-, 11:57
-, -