RSS | ATOM | SEARCH
2月コラム

【 令和2年2月コラム 】

 

 昨年12月30日に中国、武漢市で確認された新型コロナウイルスによる肺炎患者は世界中に感染が拡大し、感染力の強さが増すなどリスクが強まっています。患者と同じ空間に居るだけで感染する麻疹(はしか)と比べると感染力は弱いと考えられていますが、中国本土では既に6千人を超えています。

 

 日本での発症例はなかったのですが、2002年11月に中国広東省で生じた発症例を発端とし、2003年7月末迄の9ヵ月間に世界32ヵ国に拡大し、死者774人、発症者8,096人にもなった『SARS』の流行が有りました。

 

 又、2016年6月にサウジアラビアで確認されたコロナウイルスが渡航者によってイギリスに運ばれ拡大しました。2017年のWHOの報告によりますと発症者2,070人、死亡者712人に上ったとの事です。

 この時も日本に於ける発症例は有りませんでしたが、韓国で流行して大きなニュースになりました。

 

 このウイルスは中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスと呼ばれました。この時はヒトコブラクダが自然宿主であると言われています。MERSコロナウイルスを保有しているラクダに接触する事で人間にも感染すると推定されました。

 

 今回、中国は主要都市を事実上封鎖する対策をとり、団体旅行を禁止するなどの対策を講じていますが世界が中国経済への依存度を高めている昨今、世界経済の動向が心配です。

 

 今年の春節(中国の正月)は1月24日〜1月30日です。この期間に中国から日本に50万人余の観光客が来日しています。その特需は4兆円にも上がると言われています。

 東南アジア各国でも同様な春節特需がありますが、この売り上げが無くなりますと其々の経済活動に大きな影響を与え、GDPの低下を招き、世界経済不況の引き金になるのではないか?と懸念しています。

 

【 1月分の主要工事 】

 

  1)都内、高級賃貸マンション改修工事

         チーク無垢LL45遮音フローリング

         T15(10+5)×W76×L909  オイル塗装     30m2

                       (材工責任施工)

 

  2)都内、高級賃貸マンション改修工事

         既存床(ウォルナット)研磨・塗装仕上げ

         T15×W90×L909  水性ウレタン塗装     68m2

                       (材工責任施工)

 

  3)都内 馬事公苑改修工事の内Main Office 

                 床、追加工事

        チーク無垢スラブ直貼りフローリング

        ガラスコート塗装

        T15(無垢12+防音下地3)×W90×L909弌   185m2

                       (材工責任施工)

 

     4)戸建住宅改修工事

         特選チーク無垢フローリング

         T15×W90×L909 ウ レタンクリア塗装    45m2

                                (材工責任施工)

 

【 ミャンマー情報 】

 

(1)人口が5,445万人

    労働・移民・人口省は1月1日にミャンマーの人口が5,445万6,760人に

         なったと発表しました。労働人口は2,200万人。

     宗教別内訳は仏教徒が89.8%、キリスト教徒は6.3%、ムスリムは2.3%、

    精霊信仰は0.8%となっています。

 

(2)乗用車生産台数と販売台数

    東南アジア諸国連合自動車連盟は昨年1月から11月のセミノックダウン

    による乗用車生産台数は前年同期比 29%増の1万4,042台。

    販売台数は25%増の1万9,274台で有ったと発表しました。

 

(3)秘境、チン州ファラム空港開港へ

    インドと国境を接する標高1,800mを超すファラム空港が5月に開港します。

    道路事情が貧弱で往来が困難であった秘境の観光振興が期待されて

    います。

 

(4)人身売買

    ヤンゴン管区警察人身売買対策課は2019年の人身売買の被害者は

       239人、この内中国に売られた者は196人で、188人は中国人男性と強

    制的に結婚させられた。

      その他は強制労働、売春等が目的で有ったと発表しました。

 

(5)今年度の経済成長率

    世界銀行はミャンマーの今年度(19年10月〜20年9月)の実質国内総

      生産(GDP)は6.4%と見通しを発表しました。

      17年〜18年は6.2%、18年〜19年は6.3%でした。

 

(6)習近平中国主席訪緬

    1月17・18日にミャンマーを訪問し、アウン・サン・スー・チー国家顧問、

    ウィン・ミン大統領・ミン・アウン・ライン国軍最高司令官と会談をしました。

      習主席はこの先3年間で40億人民元(637億円)の支援を約束しました。

    又、習主席はムセ・マンダレー間の鉄道事業の事業化・昆明とラカイン州

      チャウピューを結ぶ鉄道と高速道路の建設推進に熱意を示しました。

      マラッカ海峡経由の手間を省く原油ルートの確立と中国がインド洋に進出

   する踏み台とし、一帯一路計画を推進する動力にしたいという考えが

   窺えます。

     これ等のプロジェクトは中国にとって莫大な利益を生む、打ち出の小槌

   言えます。

 

(7)1,200億円の円借款供与

    日本政府はミャンマーに最大1,209億1,500万円の借款供与協定に署名

    しました。

     用途はヤンゴンの下水環境整備計画・ヤンゴンの道路渋滞対策・マンダレ

     ーの電力供給網の整備等です。

  

 以上

author:代表取締役 臼井成美, category:-, 13:38
-, -