RSS | ATOM | SEARCH
令和2年4月コラム

【 令和2年4月コラム 】

 

  昨年は自然災害が多く発生しました。特に台風15号と19号によって、首都圏では激しい風雨により住宅損害、通信障害、大規模停電が発生し、激甚災害に指定されました。

   オーストラリアに於ける大規模森林火災は、観測史上最も暑く乾燥した気候によって発生したとオーストラリア気象局が年次報告書に記載しています。これ等は地球温暖化がもたらした異常気象のためであると言われています。このまま経済活動を続けた場合には、100年後に4℃前後、気温の上昇が予想され、海水面を膨張させ、海水面が上昇します。過去、100年では19兢緇困靴討い泙后

   その為、南太平洋の島国は海岸線が内陸に入り込み、国によっては、国土全体が海に沈み込む危険に瀕しています。異常気象により、生態系に変化が生じ、動植物が消えていきます。そして森林火災が増え、農業へ大きな打撃を与えます。異常気象の繰り返しで、やがて人類は滅びるのではないか?と言われています。

   今年、弊社は地球温暖化抑制に寄与出来るように、自然素材を居住環境により多くご使用頂けるように更なる努力をする所存でしたが、突然、新型コロナウイルスの脅威にさらされる事になりました。

 

   コロナウイルスは動物由来と考えられ、2002年に流行した『重症急性呼吸器症候群(SARS)』や2012年以降発生している『中東呼吸器症候群(MERS)』の2種類があります。新型コロナウイルスの遺伝子配列がコウモリ由来のSARSに極似している為コウモリが起源ではないかと言われています。

 

  3月25日現在、世界での感染者数が37万1千人、死亡者数が1万6千2百人、国内の感染者数は1千2百人、死亡者数は43人となっています。

   世界の大都市でパンデミックが加速している状況を鑑み、東京で『首都閉鎖-ロックダウン』をする可能性があると知事が発言し、危機意識の共有を訴えています。

 

   自然界は春爛漫です。早くウイルスを撃退し、色んなイベントを楽しめる日々の到来を祈念します。

 

【 3月分の主要工事 】

 

  1) 都内 戸建住宅改修工事 (*旭化成ホームズ)

         チーク無垢ヘリンボーン貼り(責任施工)

     T12×W76×L455弌OPC・SSG(ガラスコート塗装)36.0屐  

 

  2) 都内 高級マンション改修工事 (*日土地建物)

         植林花梨(リングア)無垢フローリング(責任施工)

     T15×W90×L1,820mm UNI・ウレタンクリア塗装     45.0

            

 

  3) 都内 マンション改修工事

           チーク無垢 LL45遮音フローリング (責任施工)               

     T15(10+5)×W76×L909mm 

         UNI1・植物性リグナオイル塗装       60.0

               

 

【 ミャンマー情報 】

 

  (1)   新型コロナウイルスが原因で縫製工場閉鎖相次ぐ

 ヤンゴン管区には約500の縫製工場が操業しています。

 内、263工場は中国系、67工場は韓国系、残りが内資の

 工場です。これ等縫製工場では、繊維、ジッパー等原料

 の90%を中国から輸入していますが、輸入が出来ず、

 原料不足で操業も出来ず、また春節で帰国した従業員が

 戻れなかったりと本格操業の見込みが立たない等の理由

 で工場閉鎖を発表する中国系企業が相次いでいます。

 

 (2ヤンゴン港で滞貨が発生

         中国からの貨物はコンテナターミナルに検査・検疫の

     為、14日間留め置く為、荷主が貨物を引き取れず、

     滞貨が発生しています。貨物の殆どは、衣類、履物、

     バック製造工場が発注した製造原料です。

 

  (3)  イラワジイルカの子供確認

      イラワジイルカは絶滅危惧種です。現在は68頭の生存が

     確認されていますが、この度の調査でエーヤーワディ−

     川で79頭のイラワジイルカ(カワゴンドウ)が確認され

     その中に6頭の子供が確認されました。

     6頭もの子供が確認されたのは10年ぶりとの事です。

 

  (4)  ミャンマー・ブルワリー(キリン・ホールディングスの子会社)好決算

     前年度比24%増の326億円の売り上げを記録し、28%増

     になる129億円の営業利益を上げました。

     ミャンマーの飲酒人口の増加と雨季の到来の遅れが

     ビール需要の増加に貢献した結果です。

   ミャンマー・ブルワリーのビール市場のシェアは80%

     です。

   

 (5 中国との国境貿易は回復へ

     中国国境の町、シャン州ムセでは貿易活動が再開され、

      ムセ米穀商協会は80%迄回復しており3万袋/日の

      ミャンマー米が輸出されていると発表しました。

 

  (6)    日系企業、アパレル専門倉庫開設

          阪急阪神エキスプレスのミャンマー現地法人はヤンゴン
      空港から9キロ、ヤンゴン港から25キロの交通至便の
      シュエ・パウ・カン工業団地に精度の高い検品作業が
      出来る倉庫を開設しました。
      倉庫では,検針を含む検品や補修、タグ付け、袋詰め等

 の流通加工、在庫管理、梱包、ジャストタイム配送を行

 います。

 

  (7)   レオパレス21、外人向けアパートの運営

      ヤンゴン市内の富裕層が多く住む清閑な住宅地に新築

      された5階建て(部屋数19)のサービスアパートの管理運

      営を開始しました。日系企業に売り込む予定との事

          です。

  (8)    新型コロナウイルス対策

          ミャンマーではウイルス感染者は確認されていませんが

 世界保健機関(WHO)が世界的流行を宣言したことから、

 政府は新年を迎える祭り『ティジャン‐水祭り』等、

 式典・行事を4月末迄中止すると発表しました。

 幼稚園・保育所・教会等も閉鎖されました。

 又、ミャンマー映画機構(MMPO)は、3月16日から4月

 30日迄映画館を休館すると発表しました。

 ミャンマーは売薬の80%をインドから輸入していますが、

 中国からの原材料調達に支障をきたしている為インドの

 製薬会社が生産停止をする可能性があり、ミャンマーへ

 の輸出に影響するのではないか?と心配されています。

 

(9) ミャンッマー人労働者の海外派遣

      タイ・マレーシア・日本等に700〜1000人/月の労働者を

      派遣していますが、ミャンマー労働・移民・人口省は3月

      18日付けで海外派遣を暫く取りやめると発表しました。

    日本には100人/月の労働者が派遣されていました。

 

(10) 鹿島建設のヤンゴン市に於ける複合開発事業

      鹿島建設が2017年に着手したヤンゴン中央駅の北方

      5キロのヤンキン地区における複合開発事業に『 海外

      交通・都市開発事業支援機構(JOIN) 』が参画すると

      発表しました。最大57億円を出資、137億円の債務

      保証を行います。鹿島建設は計画・施工・運営の全段階

      を通じ、ノウハウをミャンマーサイドに移転する契約

    です。

  以上

author:代表取締役 臼井成美, category:-, 13:41
-, -