RSS | ATOM | SEARCH
9月コラム

【 令和2年9月コラム 】

 

 住宅需要の足踏み状態が続いており、建築資材の引合いは鈍いままです。新型コロナの影響による先行きの不透明さや政局不安定による消費マインドの低迷は否めなく、当分は厳しい事業環境が続くと考えています。

 東京都産業労働局商工部の中小企業の景況調査では、7月の景況指数は前月より悪くなった企業は前月よりやや悪化(62%➡64%)したが、8月から10月の景況見通しでは、悪くなるとした企業が69%で、今後、更に悪化すると考えている中小企業が多いようです。

 

 引き合いを頂いておりました住宅案件の多くは発注延期や工事中断により、売上げが伸びません。

新規の引合いには区立小学校新築工事やディズニーランド改修案件等大型案件が有りますが、受注出来ても、売上げに計上出来るのは2022年になります。

 今期・来期の売り上げを如何に増やすか?そして、乗り切るか!

頑張りどころです。

 

【 8月分の主要工事 】

  ※新型コロナウイルスの影響で予定工事の多くが延期や中止に

      なりました。

 

   1)都内高級賃貸マンション改修工事

       チーク無垢・UNIフローリング(※責任施工)

         T15×W90×L1820 UNI材(長さ方向に三ヵ所継ぎ目)

       UVウレタン塗装      90.0

 

   2)都内戸建住宅改修工事

     チーク無垢・特選フローリング(※材料納品)            

       T15×W90×L909mm OPC(継ぎ目なし一枚材)

       UVウレタン塗装     23.1

 

 

【 ミャンマー情報 】

  

  (1)イオンモール23年開業へ、ミャンマー政府許可

    イオン傘下で大型商業施設を展開するイオンモールはヤンゴン

            市内にミャンマーで初のショッピングセンターを2023年に

            オープンする予定。

    ベトナム・カンボジア・インドネシアに次ぎ、4国目になりま

            す。

 

 (2)車両関税の引き下げ

     ミャンマー政府は新型コロナウイルス感染拡大の打撃が大きい

           自動車販売業を支援する為、関税率を引き下げる需要を喚起

           します。

     

     輸入車  排気量    2000 嫐に  30% ➡  20%

           排気量  2000 cc以上  40% ➡  30%

 

    セミノックダウン国内生産車

                排気量    2000 嫐に    10%    ➡       0%

                   排気量    2000 cc以上     20%    ➡       5%

 

 

 

    (3) チャット高が進行、輸出に悪影響も

 4〜5月は1米ドル=1,400チャットで推移していましたが、

 8月に入り1,300チャット前半で推移しています。

 回復傾向にある輸出にブレーキがかかるのではないかと

 懸念されています

 

    (4) 支援の医療機材、第一陣到着

    日本政府が提供する医療機材が8月15日ヤンゴン国際空港に

          到着しました。医療システムが脆弱な、後発新興国への無償

          資金協力です。ミャンマーには20億円を予定しています。

 

    (5) マンゴー輸出、シンガポール向けが急増

 世界で二番目に美味しいと言われているミャンマーマンゴー

(一位はインドマンゴー)の収穫期になり、輸出が100トンに

 達しています。

 昨年迄は主に中国に輸出していましたが、新型コロナの影響で

 対中輸出時の陸路通関に時間を要し、マンゴーの品質低下を

 招き、輸出価格が160人民元から130人民元(16/籠)に

 下がった為、輸出先をシンガポールにシフトしています。

 

    (6) パンロン会議開幕

 ミャンマー政府と少数民族武装勢力が和平推進を話し合う、

  第4回会議がネピードで19日に開幕しました。

  2年前の前回から停戦協定に署名する勢力が増えていない中、

  スーチー最高顧問が11月の総選挙を機会として、停戦協定に

  同意、署名して和平前進をして欲しいと訴えました。

 

    (7) IT関連企業合弁会社設立

 IT関連企業の日本企業スカラ(渋谷区)は8月20日、ミャンマー

 のIT関連企業、エース・データー・システムと合弁でヤンゴンに

 新会社を設立したと発表しました。

 スカラは新会社を通じて、教育、医療、農業の3つの分野を

 ターゲットに合弁先のエースと連携、政府の推進する案件の受注

 をして事業拡大を目指す目論見です。

 

    (8) ラカイン州で『第二波』発生か?市中感染、広がる

    ミャンマーで3ヵ月ほど収まっていた新型コロナウイルスの市中

          感染が,西部ラカイン州で再び拡大しています。

          同州では8月16日〜23日迄に、海外渡航歴の無い53人の感染が

          確認されました。保健当局は外出自粛と夜間外出禁止令を発出。

          同州への航空路線も閉鎖しました。

 

    (9) ヤンゴンで市中感染者

    8月25日ヤンゴン市内で新型コロナウイルスの新規感染者が確認

         されました。ヤンゴンでは5月半ばから新規発症者は有りません

         でした。感染者の女性は市中感染が拡大している西部ラカイン州

          への訪問歴があったとの事です。

     

 

(10)新規感染者100人、一日の最多更新、

    ミャンマー保険・スポーツ省は、8月27日に新規感染者100人を

          確認したと発表しました。

    大多数がラカイン州での感染者です。シャン州やヤンゴン市内の

          感染者もラカイン州への訪問歴がある人で、ラカイン州で感染

          したと思われます。

    政府は感染の急拡大を受け、国内の全ての学校を閉鎖するよう

          指示しました。公立高等学校は9割が授業再開予定でしたが、

          引き続き、閉鎖する事になりました。

 

(11)ヤンゴンで新たに市中感染者11人を確認

    ミャンマー保健・スポーツ省は28日夜から30日朝までに、新た

          に121人の新型コロナウイルスの感染者が確認され、ヤンゴン

          でも11人の市中感染者が見つかったと発表しました。

 ヤンゴンの感染者11人の内、7人はアラブ首長国連邦(UAE)・

 シンガポール・韓国からの帰国者です。その他の4人の感染経路

 はラカイン州にあると考えられています。

 

以上

author:代表取締役 臼井成美, category:-, 13:59
-, -